【DeNA】9年ぶりソフトバンク戦勝ち越しに三浦監督「過去は過去。今年は今年」

スポーツ報知
三浦監督

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA4―3ソフトバンク(3日・横浜)

 DeNAが今カード2勝1分け。12年以来、9年ぶりにソフトバンク戦に勝ち越した。

 同点の7回1死二塁。大和が左翼フェンス直撃の決勝二塁打を放った。

 2015年、6年前のちょうど6月3日、柳田に電光掲示板直撃の特大弾を被弾していた三浦監督は「過去は過去。今年は今年。みんな粘り強く、最後まで戦った」と誇らしげだった。

 チーム最年33歳の大和は打率こそ2割1分8厘だが、得点圏では3割9分1厘とチャンスで勝負強さを発揮。「(ソフトバンクは)もちろん強いチーム。勝つと勢いが出る」と先を見据えていた。

 これで交流戦は5勝2敗2分けの2位をキープした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請