阿部知代さん「異動の内示日には毎年、スーツを着て準備」…フジテレビ元アナウンサー第二の人生(11)

スポーツ報知
「異動内示日には毎年、スーツを着て準備していました」と振り返った阿部知代さん(カメラ・山崎 賢人)

 会社員にとって避けられない人事異動の瞬間は華やかにテレビ画面を彩るアナウンサーたちにもやってくる。高倍率を勝ち抜き、フジテレビに入社。カメラの前で活躍後、他部署に移り奮闘中の元「ニュースの顔」たちを追う今回の連載。6人目として登場するのは、阿部知代さん(57)。キャスターにとどまらない魅力的な表情の数々でバラエティー番組も彩ってきた阿部さんは今、報道局のキャスター兼デスクで伝え手としての日々を継続。2年後に迫った定年を前に「私からフジテレビを取ったら何も残らない」と言い切る。(構成・中村 健吾)

 世界40か国以上を回った「なるほど!ザ・ワールド」のリポーターに「笑っていいとも!」の「アネゴキャラ」のテレフォンアナ。全盛期のフジテレビのバラエティー番組を元気いっぱいの笑顔で彩ってきた阿部さんだが、入社直後からある悩みを抱えていた。

 「当時、フジテレビの女性アナウンサーはかわいらしいタイプの人が多かったんです。パステルトーンのふわっとした洋服を着る人が多い中で、私と言えば、ヘアスタイルは刈り上げで、モノトーンのアバンギャルドな服ばかり。それは浮きますよね」

 学生時代から最先端のファッション性を持っていた個性を、フジも持てあます部分があったのだろうか。

 「明るく華やかで綺麗、頭脳明晰な人ばかりのアナウンス部に入った時に『ここは私の来る所じゃなかったかも』と思いました。パステルカラーやかわいらしい服は似合わないんです。似合わないものは着たくない。似合わないことはしたくない。入社したばかりのアナウンサーがそんな風に頑なだったら、制作はさぞ使いづらかったと思います。でも、自分を否定もしたくない。アナウンサーになってから、私は『人をうらやましく思う』という感情を意図的に退化させました」

 今だから明かせる、こんなエピソードがある。

 「20代と30代で1回ずつ、やんわりと異動の打診を受けました。20代で『異動する気はないか?』と言われて、30代では他の部署のトップから『君は、うちに来たらいい仕事ができるんじゃないかと思う』と言われました。いずれも『今、答える必要はないけれど、ちょっと考えてみて』ということで、私も返事はしませんでした」

 それ以来、毎年の人事異動の内示日には覚悟して臨んだ。

 「30代の打診の後は、いつ異動しても不思議はないと思っていましたから、毎年、内示の日は朝9時半にスーツを着てアナウンス室の自分の席に座っていました。いつ、どこから呼ばれてもいいように。そして、名前を呼ばれることなく内示が終わると『あぁ、またアナウンサーとして1年契約を結んでもらえたな』と思いました」

 実は「とにかくアナウンサーになりたい」というタイプではなかった。

 「新聞社、出版社などマスコミ志望で上智大の新聞学科に入りました。田丸美寿々さんや楠田枝里子さんなど女性アナウンサーが注目され始めた頃で、テレビや雑誌を見て憧れてはいました。マスコミ志望だったのは毎日同じことをするのは嫌で結婚しても仕事を続けたかったから。報道に携わりたいと考えていました」

 だが、入社して待っていたのは“出番待ち”の日々だった。

 「本当に仕事がなかった。入社2年目から週2回、夕方のニュースの2分間天気予報を読む以外、ほとんど何もない。当時、決まった仕事がなく朝から夕方までアナウンス室にいる勤務を『暇日勤』と呼んでいて。週半分が『暇日勤』だった時代が長くありました」

 「なるほど!」のリポーターは時間があったからこそ舞い込んだ仕事だった。

 「入社2年目に長い夏休みが取れたのでインドにバックパック背負って1人旅したんです。帰って来て間もなくリポーターの依頼がきましたが、驚きましたね。当時、視聴率が30%の超人気番組です。自分は報道志望だから担当するなんて夢にも思っていなかった。後で聞いたら、プロデューサーの耳に入ったそうです。『今度の2年目の子は1人でインドに行ったらしい』と。『なるほど!』のリポーターは2年半担当し、たくさんの貴重な体験をさせてもらいました。番組が終わって随分経ちますが、とてもうれしかったのはニューヨーク勤務時に出会った日本企業の30代の駐在員の方が何人も『子どもの頃にあの番組を見て海外に憧れ、いまここにいます』と言って下さったことです」

 そして、鬱屈(うっくつ)した日々を救ってくれたのが、ベテランアナのあの人だった。

 「相変わらずの『暇日勤』の午後、アナウンス室のソファーでテレビを見ていたら、当時人気絶頂の先輩女性アナが出ていました。キラキラしてまぶしかった。思わず『こういう人がなるべきなんですよね、フジテレビの女性アナって』とつぶやいたら、隣に座っていた露木茂さんが『阿部知代、フジテレビに同じ人は2人いらないんだよ』と静かにおっしゃった。今、思い出してもちょっと涙が出る。それぞれの個性をきちんと見て生かそうとしてくれる。場違い感いっぱいで、へこんでいた時に、このままでいいんだと思えた。今も心に残る大きな支えです」

 大先輩の言葉にも勇気をもらい、90年代初頭には行動に出た。

「当時のフジテレビでは1人で担当する定時ニュースは男性の仕事だったのですが、(91年に)パリ駐在から帰ってきた頃、男性アナウンサーがみんな忙しく、週末の朝のニュースを担当できる人がいない状況になったんです。(現在、フリーの)山中秀樹さんは私がずっとニュースを読みたがっていることをご存知で『報道局長に相談してみたら?』と背中を押してくれました。報道局長の所に行き『女性は1人ではニュースを読めないのでしょうか?』と尋ねたら『俺も昔から変だと思っていたよ』と言って下さって。間もなく土日の朝のニュースキャスターになりました」

 一方でアネゴ肌を発揮して、後輩アナを自宅に招き、手料理を振る舞っては仕事や恋愛の相談に乗った。

 「アナウンス室は仕事場というよりホームでした。スポーツならスタジアムに、ニュースならスタジオや現場という『仕事場』に行く。そして、アナウンス室に帰ってきて、コーヒーを飲んだり、同僚と話したり。そういう時間がすごく好きでした。みんなが仕事モードの背中で部屋を出て行き、終わってホッとした笑顔で、時には悔しそうな表情で帰ってくる。それを見るのが、そこに居るのがとても好きでした」

 年次を重ね、キャスターとしての仕事も続けていたある日、「阿部知代」の1枚の写真が世間をあっと驚かせた。(後編に続く

 ◆阿部 知代(あべ・ちよ) 1963年7月23日、群馬・桐生市生まれ。57歳。86年、上智大文学部新聞学科卒業後、フジテレビ入社。アナウンサー、キャスターとして「FNNニュース」など多くの報道番組に携わる。「なるほど!ザ・ワールド」「笑っていいとも!」テレフォンアナウンサーなどバラエティー分野でも活躍。91年からはパリ支局で勤務。2012年、グループ会社のFCIニューヨークへ。15年、報道局マルチデバイスニュースセンター・シニアコメンテーターに異動。現在、報道局報道センター・マルチメディアニュース制作部勤務。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×