日本陸連、昨年度の経常収益は前年度比22億円減…コロナ禍で事業収益や助成金が減少

 日本陸連は3日、理事会で2020年度の決算案を承認し、20年度の経常収益は前年度比で約22億円の大幅減少となった。

 19年度は、世界リレー(横浜)やマラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)による事業収入があり、経常収益は約32億円。昨年度はコロナ禍で大会中止が相次ぎ、海外合宿などに対する助成金も大幅減となったことから、約10億円にとどまった。

 鈴木英穂事務局長は「マイナス22億円は衝撃的な数字だが、19年は世界リレーとMGCという大きな競技会があり、その関係で2019年の決算は32億円という大きな数字だった。例年は20~21億という数字になっている。2020年は10億円ちょっとくらいしか収入がないので、前年比50%程度の減少ということになる」と説明した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請