日本陸連・尾県専務理事「どう対策していくかが大事」 五輪開催へ準備進める

日本陸上競技連盟の尾県貢専務理事
日本陸上競技連盟の尾県貢専務理事

 日本陸連は3日、理事会を開催した。終了後にオンライン会見を行った尾県貢専務理事は「もちろん不安要素は誰しも感じていることで、そういう世論が起きることも当然のこと。ただ、考えないといけないのは声の大きさだけでそうなっているとは思いたくない。どう対策を取っていくかが重要であって、スポーツ界全体が一丸となってやっていくのが大切」とコロナ禍での五輪開催へ持論を述べた。

 東京都などで緊急事態宣言の発出もあり、五輪開催に否定的な意見が多いのが現状。それでも「肯定的な意見も大きくなっている」と世論の風向きが変わりつつあることを実感しているという。新たな変異株出現など厳しい局面も続いているが「今が安全な状況ではないのは分かっている。それでも、(五輪を)やれる準備をきちんとやっていくのが大切。関係各所とともに色んな策を打ち、前向きに進めたい」と話した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請