大津瀬田、箕浦の粘投で決勝T決めた…第13回関西さわやか大会 滋賀県支部トーナメント

決勝T進出を決めた大津瀬田ナイン(捕手・東間)
決勝T進出を決めた大津瀬田ナイン(捕手・東間)

◆第13回関西さわやか大会 滋賀県支部トーナメント ▽中学1年生の部 代表決定戦 大津瀬田ボーイズ5-2滋賀栗東ボーイズ(5月29日・愛知川グラウンド)

 「第13回関西さわやか大会」の滋賀県支部トーナメント(T)は29日、支部代表決定戦が行われた。昨年大会で優勝した滋賀野洲ボーイズが5回コールド勝ち。大津瀬田ボーイズは逆転勝ちし、それぞれ代表切符を獲得した。

 エース・箕浦が最後の打者を投ゴロに打ち取ると、大津瀬田ナインに安堵(あんど)の表情が広がった。「いつも立ち上がりは悪いが、ストライクを先行させることを心掛けた」。初回に2失点したが、2回以降は直球と変化球を巧みに使い2安打無失点。尻上がりに調子を上げ、勝利を呼び込んだ。

 粘投する右腕に打線もきっちり応えた。2点を追う初回には、高田の中前適時打などですぐさま同点に。2回には、2死二塁から猪飼が「追い込まれていたので、食らいついた。最近、打ててなかったので、素直にうれしい」と左前へ勝ち越し打を放った。5回2死一塁では、佐藤優が「箕浦を援護したかったし、いい仕事ができた」と右中間を破る適時三塁打。相手守備が乱れる間に自身も生還し、ダメを押した。

 理想的な試合運びで勝利し、決勝Tへ進出。主将でもある箕浦は「一つ一つ大事に戦い、滋賀県支部で連覇したい」と宣言した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請