異例の“日本代表VS五輪代表” 選手交代は最大8人まで 吉田麻也らOA組はU―24でプレー

横内昭展氏(右)と話す森保一氏
横内昭展氏(右)と話す森保一氏

 ◆親善試合 日本代表―U―24日本代表(3日・札幌ドーム)

 異例の“日本代表VS五輪代表”の一戦が3日、札幌ドームで行われる。

 日本サッカー協会によると、同試合の交代枠は最大8人。フィールドプレーヤーの交代は7人までとし、後半の交代回数は3回以内とする。また「負傷が理由の交代は上記にカウントしません」とし、交代枠を使い切ったあとにプレー続行が不可能となった選手がいた場合、新たに交代カードを切ることができる。

 A代表は森保一監督、U―24代表は横内昭展氏が指揮。オーバーエージ(OA)枠の吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航はU―24代表でプレーする。

 U―24代表はガーナ代表との親善試合が5日に控えているため、「中1日」のスケジュールで日程を消化することになる。U―24代表を率いる横内昭展監督は「もちろん5日のガーナ戦に向けてコンディションを整えていた。そういう意味では少し難しさはあるが、選手たちも明日のゲームをポジティブにとらえている。今日の練習を見て、明日、ガーナ戦を考えていきたいと思います」と語った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請