【DeNA】5回から4投手無安打リレー 天敵・鷹に逆転勝ち 三浦監督「リリーフ陣が作ってくれた流れ」

スポーツ報知
8回1死満塁、中越えに逆転の2点適時二塁打を放つ牧秀悟

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA4―3ソフトバンク(1日・横浜スタジアム)

 DeNAは、ソフトバンクに逆転勝ち。4カード連続初戦白星となった。ドラフト2位・牧秀悟内野手(23)=中大=が、4打数4安打3打点の大活躍だった。

 試合を決めたヒーローは疑いもなく牧だ。2回に先制打を放ち、8回には逆転打も放った。新人であることを差し引いても、文句なしの活躍だった。だが、逆転打を呼び込んだのは、救援陣であることも忘れてはならない。三浦大輔監督も「勝ちは今日の展開で踏ん張ったのはリリーフ陣がしっかりつないで流れを引き留めてくれた。本当にリリーフ陣が作ってくれた流れだと思います」と最大限の賛辞を送った。

 先発のピープルズは4回91球、6安打3失点で降板。大量失点での“KO”ではなかったが、先発投手としては少し物足りないイニング数だった。1―3と2点ビハインドで2番手としてマウンドに上がったのは平田。長谷川、甲斐、松田というくせ者3人をたった8球で3者凡退に抑えて、流れを食い止めた。

 6回からは国吉がマウンドに上がって2イニングをパーフェクト。3三振も奪って援護を待った。8回は三上が3人に19球を要しながらも3者凡退。これで5回から12人連続アウトという最高の内容で8回裏の攻撃につなげ、逆転を呼び込んだ。

 1点リードの9回にマウンドに上がったのは、もちろん守護神・三嶋。2死から牧原大に四球を与え、代走に周東。一塁へのけん制が逸れて、ファウルゾーンを転々としたが、カバーに入った二塁手の牧が三塁を狙った周東を刺して、ゲームセットの瞬間を迎えた。本来の勝ちパターンはエスコバー、山崎、三嶋。だが、開幕から先発が安定せず、チームを影ながら支えてきた救援陣が、しっかりと強力ソフトバンク打線を封じたことが大きかった。

 DeNAは2012年を最後にソフトバンク戦の勝ち越しはなし。天敵とも言える相手から、貴重な初戦白星をもぎ取った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請