【巨人】4回途中で降板の高橋優貴は「左脚の違和感」…球団発表

3回、投球前に足を気にする高橋優貴
3回、投球前に足を気にする高橋優貴

◆「日本生命セ・パ交流戦」巨人4―4西武(1日・東京D)

 巨人の高橋優貴投手が先発したが、4回途中でマウンドを降りた。球団によると「左脚の違和感を訴え、大事をとって交代した」という。

 3回に入る前の投球練習中、投げ終えた後にその場で座り込み屈伸。元木ヘッドコーチとトレーナーがマウンドを駆けつけたが続投。3回を無失点に抑え、その裏の打席にも立ったが、続く4回に1死から連続四球を出したところでマウンドを降りた。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請