【DeNA】ルーキー牧秀悟が先制打に逆転打に4安打3打点の大活躍! ソフトバンクに逆転勝ち!

スポーツ報知
8回1死満塁、中越えに逆転の2点適時二塁打を放つ牧秀悟

◆日本生命セ・パ交流戦 DeNA―ソフトバンク(1日・横浜スタジアム)

 DeNAは、ソフトバンクに逆転勝ち。4カード連続初戦白星となった。ドラフト2位・牧秀悟内野手(23)=中大=が、4打数4安打3打点の大活躍だった。

 先取点を奪ったのはDeNAだった。両軍無得点の2回1死一、二塁。ルーキーの牧が武田の111キロカーブに反応して中前適時打を放った。二塁走者のオースティンが激走を見せて本塁に生還。牧は「何が何でも先制点を取るぞと強い気持ちでいましたが、体はリラックスして打席に入れました。当りが強かったのですが、オースティンの走塁のおかげでタイムリーになることができました。感謝です!」と笑顔を見せた。

 だが、先発・ピープルズがリードを守ることが出来なかった。先取点を奪った直後の3回1死一塁で栗原に右翼席上段へ特大の逆転2ランを被弾。4回にも中村晃に左前適時打を許して1―3とリードを2点に広げられてマウンドを降りた。4回91球で6安打3失点。「調子自体はあまり良くなかったです。ソフトバンク打線に対して、出塁を多く許してはいけないとわかっていたのですが上手くいきませんでした。先制してもらった後の本塁打を防いでいれば、展開は変わっていたと思います」と振り返った。

 その後は見せ場も作った。2点を追う6回には、オースティンが遊撃へのゴロながら一塁まで全力疾走して内野安打をもぎ取ると、続く宮崎の打席の初球に、二盗。NPB2年目で初めてとなる盗塁を成功させた。助っ人の全力プレーに場内はどよめき、大きな拍手も送られた。さらに先取点となる適時打を放った牧は、2、3打席目も武田から安打を放ち、6度目の猛打賞。だが、ホームは遠かった。

 救援陣も5回以降は好リリーフ。5回を2番手・平田が3者凡退で抑えると、6、7回を3番手・国吉パーフェクト投球を見せた。8回は三上が3者凡退。打線の援護を待ち続けた。

 ようやく打線がつながったのが、3番手・松本が上がった8回。1死から佐野が中前安打を放って出塁すると、オースティンが四球。一、二塁で宮崎が左翼フェンス直撃の適時二塁打を放って1点差に迫った。ソトは申告敬遠で、1死満塁。打席には3打数3安打だった牧が立つと、この日4安打目となる右中間フェンス直撃の2点適時二塁打を放って逆転した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請