なでしこジャパン五輪最終選考へ高倉麻子監督「チームに火をつけてくれる選手を待ち望んでる」

スポーツ報知
なでしこジャパンの高倉麻子監督

 日本サッカー協会は1日、6月10日のウクライナ戦(広島)と13日のメキシコ戦(栃木)に挑むなでしこジャパン候補メンバー23人を発表した。DF熊谷紗希(バイエルン)ら海外組7人、中島依美(INAC神戸)ら国内組が参加。メンバー発表に伴う会見が行われ、高倉麻子監督が応じた。

 海外組、そして4月末から始まったWEリーグプレシーズンマッチも可能な限り視察。悩み抜いた末に23人を絞り込んだ。東京五輪への最終テストとなるが、「23人の中で大枠は決まっているが、選手の仕上がり具合やチームの中で戦術にフィットしてくるかは大きな要素。選手の力の違いが大きくない」。今回招集のなかった選手についても、逆転選出の可能性は十分あると語り、「今回いる18人から選ぶということは言い切れない」とした。

 招集外となった、国際Aマッチ114試合の出場経験を持つDF鮫島綾(大宮)についても「新しい選手が出てくる中で若い選手の良さもある。今回は外してるけど、他の選手のパフォーマンス次第では十分チャンスがある。信頼は揺るぎない」と言及した。

 なでしこジャパンは4月にパナマ戦とパラグアイ戦を行ったが、格下相手ということもありともに大勝。この2試合では守備に回るシーンがほとんどなかった。良い守備から良い攻撃へとつなげるサッカーを磨き上げるためにも、「思ったような奪い方が外されたときにどうするかが重要」と守備面でのチェックも入念にするつもりだ。海外勢との対戦で見せる選手個々のパフォーマンスを確認するとともに、短期決戦となる五輪へ、「ユーティリティー性」も一つのカギに挙げた。

 最終的な選考ポイントとして、指揮官が何より言葉に力を込めたのは、闘争心だ。最近のなでしこジャパンについて「なでしこを背負う強い思いを持ってる選手、グラウンドでもピッチ外でも表現できる選手は少ないと思ってる。内なる思いを持ってるとはわかっているが…」と本音を吐露。そのうえで、プレーで他との違いを見せつけることは当然ながら「何があっても歩みを止めないで走り抜く、戦い抜くことができる選手、強い気持ちをなでしこに還元してくれることが大事」と要求。「チームに火をつけてくれる選手を私は待ち望んでる」と大きな期待を寄せた。

招集メンバーは以下の通り。

▽GK

池田咲紀子(浦和)

山下杏也加(INAC神戸)

スタンボー華(大宮)

▽DF

熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)

清水梨紗(日テレ)

土光真代(日テレ)

宮川麻都(日テレ)

南萌華(浦和)

宝田沙織(ワシントン・スピリット/アメリカ)

高橋はな(浦和)

▽MF

中島依美(INAC神戸)

長谷川唯(ACミラン/イタリア)

杉田妃和(INAC神戸)

三浦成美(日テレ)

塩越柚歩(浦和)

林穂之香(AIK/スウェーデン)

北村菜々美(日テレ)

木下桃香(日テレ)

▽FW

菅澤優衣香(浦和)

岩渕真奈(アーセナル/イングランド)

田中美南(レバークーゼン/ドイツ)

籾木結花(OLレイン/アメリカ)

遠藤純(日テレ)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×