中村ゆりか、ヒロイン A.B.C―Z橋本の主演ドラマ「痴情の接吻」

テレビ朝日系連続ドラマ「痴情の接吻」で共演する橋本良亮(右)と中村ゆりか
テレビ朝日系連続ドラマ「痴情の接吻」で共演する橋本良亮(右)と中村ゆりか

 A.B.C―Zの橋本良亮(27)が単独初主演するテレビ朝日系連続ドラマ「痴情の接吻(せっぷん)」(7月3日スタート、土曜・深夜2時30分/関西地区=同4日スタート、日曜・後11時25分)のヒロインに女優の中村ゆりか(24)が起用されることが31日、分かった。

 雑誌「プチコミック」(小学館)で連載中で、累計140万部を突破した同名作が原作。“ハイスペック男”の主人公を演じる橋本に対し、中村は“あざとかわいい”魅力で、本を愛してやまない図書館司書のヒロイン役を演じることが決定。10年ぶりに再会し、ツンデレな同居生活を始めるストーリー。

 お互いの第一印象について、橋本は「本当にすてきな方だなと感じました。人見知りと聞いていたのですが、自分の意見を言う時は相手の目を見て、これでもかというぐらいに目力がすごかったので、自分をしっかり持っている方なんだと思いました」と振り返った。中村も「初めてお会いした時、声のトーンが柔らかくてすてきな印象を持ちました」と語り、「普段連想するラブストーリーから外れたどこか危うい感覚を皆さんにも感じてもらいたい」とコメントした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請