【侍ジャパン】坂本勇人と菅野智之が五輪最終メンバー入り!回復順調と判断

稲葉篤紀監督
稲葉篤紀監督
東京五輪予想メンバー
東京五輪予想メンバー

 東京五輪に出場する侍ジャパンは31日、都内でスタッフ会議を行い、最終メンバー24人への絞り込みを行った。離脱中の巨人・坂本勇人内野手(32)と菅野智之投手(31)は順調に回復していると判断され、最終メンバーに入ったとみられる。救援陣では西武の平良海馬投手(21)、広島の栗林良吏投手(24)、阪神の岩崎優投手(29)とフレッシュな顔ぶれが初代表を射止める可能性が高まった。

 巨人の主将とエースが大舞台に間に合う公算が大きくなった。代表の正遊撃手を務める坂本は5月9日に右手親指を骨折。当初から復帰まで1か月程度と目されており、早ければ交流戦終盤での1軍昇格が見込まれる。先発の柱として期待される菅野も右肘違和感からの復帰が近く、7月28日開幕の五輪に十分間に合うと判断されたようだ。

 8年ぶりに楽天に復帰した田中将、プレミア12代表の鈴木誠、菊池涼、甲斐、浅村、山本らは順当にメンバー入り。昨季以降、大きく飛躍した森下や村上も五輪出場が確実視される。

 一方で、リリーフ陣は刷新される。パ・リーグタイの開幕から26戦連続無失点の平良、初登板から19戦無失点とドラフト制後の新人最長記録更新を続ける広島のドラフト1位・栗林、阪神のセットアッパー左腕・岩崎の代表初選出が濃厚となった。代表24人は6月中に発表予定。稲葉ジャパンは常連組と新戦力を融合させ、金メダルを目指す。

稲葉篤紀監督
東京五輪予想メンバー
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請