【大学野球】首都大学リーグは桜美林大が優勝 エース・多間は最優秀投手に 表彰選手一覧

チームを優勝に導き、最優秀投手に選ばれた桜美林大・多間
チームを優勝に導き、最優秀投手に選ばれた桜美林大・多間

◆首都大学野球春季リーグ戦優勝決定トーナメント決勝戦 ▽桜美林大11―4帝京大(30日・サーティーフォー相模原)

 リーグ史上初となる3校による優勝決定トーナメントは、桜美林大が制して16年秋以来2度目の優勝を決めた。試合後、表彰式が行われ、桜美林大の山本雅樹投手(3年=中越)が最高殊勲選手に、多間隼介投手(4年=北海)が最優秀投手にそれぞれ選ばれた。表彰選手は以下の通り。

 ◇最高殊勲選手 山本雅樹(桜美林大3年)初

 ◇最優秀投手 多間隼介(桜美林大4年)初

 ◇首位打者 小儀純也(日体大3年)初、猪原隆雅(日体大4年)初=打率3割4分4厘

 ◇ベストナイン

 ▽投手 斎藤礼二(東海大3年)初

 ▽捕手 亀田啓太(東海大4年)初

 ▽一塁手 小玉佳吾(東海大4年)初

 ▽二塁手 中島将喜(武蔵大3年)初

 ▽三塁手 小儀純也(日体大3年)初

 ▽遊撃手 森田智貴(桜美林大3年)初

 ▽外野手 猪原隆雅(日体大4年)初、草野里葵(帝京大4年)2季連続2度目、茂木陸(武蔵大1年)初

 ▽指名打者 中野航太(桜美林大4年)初

※猪原は19年春に一塁手として受賞

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請