【巨人】戸郷翔征、プロ初の中4日でソフトバンクにリベンジだ

スポーツ報知
キャッチボールをする戸郷翔征

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク8―3巨人(29日・PayPayドーム)

 30日のソフトバンク戦(ペイペイD)に先発する巨人の戸郷翔征投手(21)が29日、リベンジを誓った。昨年の日本シリーズでは中継ぎでフル回転し、4試合中3試合に登板。計5回2/3を投げ2失点と奮闘し、敢闘選手賞も受賞した。「(チームが)去年4連敗しているので交流戦ではいいイメージで勝って、日本シリーズで(再び)挑めたら」と闘志を燃やした。

 25日の楽天戦(東京D)からプロ初となる中4日での先発。菅野の離脱や今村の登録抹消により登板間隔を詰めることになった。今季はここまで8試合に先発し4勝2敗、防御率3・94。キャッチボールや短距離ダッシュなどで最終調整を行い「(中4日は)初めてで調整の難しさはある。でも、短期決戦ではそういう(中4日など)をやる可能性があると思うので、早めにできて良かったです」と前向きに捉えた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請