【DeNA】土壇場痛恨ミスに三浦大輔監督「作戦で統一できていなかった」 同点の9回1死満塁で

スポーツ報知
メンバー表交換する三浦大輔監督(左)と石井一久監督

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天1―1DeNA(29日・楽天生命パーク宮城)

 DeNAが同点の9回に、無死満塁の好機を作ったが、勝ち越し点を奪えずに引き分けに終わった。牧が空振り三振に倒れて1死満塁になると、山下の打席の2球目に空振りすると、三塁走者の代走・神里が飛び出してタッチアウト(記録は盗塁死)。2死二、三塁で山下は一ゴロに倒れた。勝ち越しの最大のチャンスで、痛恨のミスだった。

 三浦大輔監督は作戦の詳細については明かさなかったが、「作戦で統一できていなかった。監督としてしっかり出来ずに反省しています。しっかりと統一できなかったのは申し訳なかったので監督の責任だったと思います」と頭を下げた。

 試合はDeNA先発・浜口、楽天先発・田中将が投手戦を繰り広げた。浜口は7回途中2安打無失点で降板。両軍無得点の6回2死からヤンキース時代に田中将とチームメートだったオースティンが8号ソロを放って先取点を奪ったが、7回に三上が代打・横尾に適時打を浴びて追いつかれた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請