【巨人】サンチェスも4被弾食らう…自己ワーストの7失点で5回途中降板

5回2死一、二塁、長谷川勇也(後方)に右中間3ラン本塁打を浴びたサンチェス
5回2死一、二塁、長谷川勇也(後方)に右中間3ラン本塁打を浴びたサンチェス

◆日本生命セ・パ交流戦 ソフトバンク―巨人(29日・ペイペイD)

 巨人のエンジェル・サンチェス投手が、ソフトバンク打線に打ち込まれた。

 2点リードの2回に柳田、長谷川の連弾で同点に追いつかれた。2―2の4回1死二塁で甲斐にレフトへ勝ち越しの2ランを浴びると、5回2死一、二塁で再び長谷川に右中間への3ランを浴び交代した。4回2/3を79球7安打2四球7失点だった。

 来日2年目のサンチェスは、1試合4被弾、7失点は自己ワースト。5月は3戦3勝と絶好調だった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請