【DeNA】三浦大輔監督が動いた! 1点差の9回にマウンドで三嶋激励「お前しかいない」…逃げ切り交流戦3勝目

スポーツ報知
9回2死一、三塁、マウンドの三嶋一輝(左)を激励した三浦大輔監督(右)

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天6―7DeNA(28日・楽天生命パーク宮城)

 セ・リーグ最下位のDeNAが、パ・リーグ首位タイだった楽天に逆転勝ち。交流戦で12球団単独最多となる3勝目(1敗)を挙げた。大和の逆転2号3ラン、牧のダメ押し9号ソロを放ち、交流戦は4試合で13本塁打と打撃陣が好調だ。

 最後の最後で三浦大輔監督が動いた。9回2死一、三塁。守護神の三嶋が1点を失って1点差に迫られた場面で、三浦監督がマウンドに向かって三嶋を激励した。今季から監督に就任した番長が自らマウンドに行くのは初めてだ。すると、三嶋はディクソンを三振に斬って試合を締めくくった。

 三浦監督は「ピッチングコーチに『行ってきます』という話をして、直接伝えたかったという気持ちがあったので。『お前しかいない』、『お前が締めてくれ』と言うのを直接伝えたかったので行きました。きょうは行った方がいいと直感じゃないけど、そういう感じになりましたね」と説明。三嶋の投球を「ボール自体もよくて最後まで集中力を切らさずよく踏ん張ったと思います」とたたえていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請