大河ドラマの宿命…大物たちの最期 NHK大河「青天を衝け」第16回みどころ

平岡円四郎演じる堤真一(左)と徳川慶喜役の草ナギ剛
平岡円四郎演じる堤真一(左)と徳川慶喜役の草ナギ剛

 俳優の吉沢亮が実業家の渋沢栄一を演じるNHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜・後8時)の第16回(30日放送)は「恩人暗殺」。タイトルと公式サイトの予告動画から不穏な空気が立ちこめる。

 一橋家の家臣として、京都で徳川慶喜(草ナギ剛)に仕える篤太夫(栄一から改名)。京都では、外国と戦っても勝てないと割り切る慶喜と重臣の平岡円四郎(堤真一)に、攘夷派の志士が不満を募らせていた。そんな中、一橋家のスカウトとして家臣集めに関東へと足を運ぶ篤太夫と、相棒の成一郎(喜作から改名=高良健吾)。2人が京都を離れた間に何かが起こる。

 大河ドラマと一般的なドラマとの決定的な違いは、ネタバレ意識だ。歴史的人物が主人公の大河は、多くの視聴者が事の顛末(てんまつ)を大筋で知っている。第16回でいうと、新選組の武士たちが旅館「池田屋」を訪れても、それが宿泊客だと思う人は少ない。

 それだけに大物の最期は注目度が高い。詳細が描かれないまま、ナレーションで触れるだけで済まされると、ネットでは「ナレ死」と呼ばれてしまう。慶喜の父・徳川斉昭(竹中直人)が亡くなる間際、妻の吉子(原日出子)にキスして力尽きた時は「キス死」と大盛り上がりだった。

 制作陣も力を入れる。現場では演出家と俳優が何度も打ち合わせ。斉昭の最期も担当した演出の村橋直樹氏は「(悲壮感を出すため)ついつい雨や雪を降らせてしまうことが多い」と明かす。撮影はNHKのスタジオ内。シーンが終わると、スタッフがスポンジを手に懸命に水を吸い取るのだという。

 大河が始まった直後のインタビューで、草ナギは「みんな死んで、撮影所に来なくなる」と時代劇の主要キャストならではのぼやきを漏らしていた。「昨日まで一緒に撮影していたのに『打ち首になっちゃいました』と言われると、え、まじ?って。会話で簡単に『340人やられちゃいました』と言われちゃうと、すごいなと。色んなことがあって今日の僕たちがあるんだ…」と展開の速さを実感していた。

 22日放送の第15回「篤太夫、薩摩潜入」では、篤太夫が薩摩藩へスパイとして潜り込み、西郷隆盛(博多華丸)と接触したが、その時のセリフが印象的だった。「あまり先んこつが見えすぎる人間は、往々にして非業の最期を遂げてしまうとじゃ」。第16回への伏線のようでもあり、数年後に起きる西南戦争を暗示しているようにも感じられた。

 なお世帯視聴率は15・3%。2週連続で15%を超え上昇気流に乗りつつある。時代を超越して視聴者に語りかけている徳川家康(北大路欣也)以外、誰もが迎える宿命にあるラスト。その締めくくり方も意識してみたい。

(NHK担当・浦本将樹)

※視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請