『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』発表 堀井雄二氏「大人向けのダークな感じに」コマンドバトルも一新

スポーツ報知
発表されたタイトルロゴ

 ゲームクリエイターの堀井雄二氏(67)が27日、自らの代表作RPGの第1作発売記念日に合わせて放送された「『ドラゴンクエスト』35周年記念特番」に出演。”生みの親”自ら、シリーズ最新12作目である『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の制作を正式に発表した。

 24日のツイッターで「これまでの感謝の意を込めて、多くのことを発表します。もちろん、あのゲームのことも…」とつぶやいていた堀井氏。その言葉通り、2017年の『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』以来となるドラクエ最新作を、タイトルロゴとともに初めて明かした。

 「作っているとはちょっとだけ言ってましたけども、正式発表は初めてです」と堀井氏。明かされたロゴは漆黒のがれきの上に炎で「XII」の文字が描かれたもの。「今回は大人向けというか、ダークな感じになっているんですよ」と笑顔で話した。

 「(XIIでは)生き方の選択を迫られるシナリオになっています。大きな決断があり、それによってゲーム(内容)が変わってしまうかもしれない」。また、「コマンドバトルを一新しました。いま、試作で遊んでいますが、これは面白くなるぞ、と思っています。(今までプレーしていた人も)違和感なく楽しめるようになっています」とも話した。

 また「鳥山(明)先生、とすぎやま(こういち)先生に頑張ってもらっています」とデザイン・音楽の主要制作メンバーに変化がないことも明かした。

 気になる発売時期については「まだ言えませんが、全世界で同時発売します」。対応ハードは後日発表されるという。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請