七十七銀行が社会人野球日本選手権東北予選に向け、東北福祉大とオープン戦

スポーツ報知
力投する七十七銀行の松葉

 社会人野球日本選手権(6月29日~、京セラドームほか)の東北最終予選に向け、七十七銀行(宮城)が26日、東北福祉大とオープン戦を行い、8-3で勝利した。1年目の松葉行人投手(23)=桜美林大=が先発し、高い制球力で7回2失点。2大会連続11度目の本大会出場を狙うチームに弾みをつけた。

 来月4日に開幕する東北最終予選に向け、松葉が好感触をつかんだ。自信のあるチェンジアップを狙われ7安打を浴びながらも、2失点に抑えた。11日のJABA東北大会・日立製作所戦は先発し、得意球を研究され3回3失点。この日は「狙われている中で、持っている変化球をいかに低めに投げて振らせるかを考えて投球できた」と振り返った。

 正確無比なコントロールは、東海大甲府高(山梨)時代からの生命線だ。「絶対的なエースがいて自分は2番手だったので、制球力を磨いた」。2年夏、3年春と甲子園を経験し、大学では3年秋にリーグ戦で最優秀投手に。新天地ではルーキーながら主戦の働きを期待され、既に公式戦2試合で先発している。

 4年時にプロ志望届を出したが指名漏れし「全国大会に出ることが最大のアピール」。まずは予選での切符獲得へ「同じ高校出身の石井信次郎さんのミットを動かさない」と意気込んだ。(小山内彩希)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請