馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神 札幌

もうすぐやって来ます(栗東)

 こんにちは、山本です。すいません、昨日更新するはずが、何やかんやで本日になってしまいました。早速、パッチパチといきたいと思います。

 さて、最近も年を取ったなぁ、と思うことがよくあります。今は外で飲み歩きができないため、家で飲むことが多いんですが、以前にも書いたように家では缶チューハイ1本で寝ちゃったりすることが多い。となると、自然と起床時間が早くなります。自宅でも朝5時に起きたりすることが当たり前の、ご老人のような生活です。

 元々、競馬記者は夏場なんて、午前5時から取材が始まったりする、朝型人間でないと厳しい仕事なんですよね。だから、競馬記者仲間も早起きが多い。最近、たまに登場するS社のSクンなどと作っているグループラインがあるのですが、このラインに午前4時とかにメッセージが入っていたりする。しかも、どーでもいいこと。それを見て、午前5時あたりに返信する、自分の生活も悲しくなりますねぇ。まぁ、これを老化ではなく、健康生活への大きな一歩と考えることにしましょう。とはいえ、こんな生活を余儀なくされているコロナ禍の早期収拾を願うばかりですが…。

 ということで、そろそろ本題へ。まずは藤岡厩舎。ゲート試験に合格している【ブレスレスリー(牝、父アメリカンペイトリオット、母ハッシュ)】は中京1週目の芝1400メートルを、藤岡康Jで予定しています。「坂路でも結構動けているし、スピードがありそう。小柄だけど、しっかりしているし、新馬向きだと思います」と藤岡調教師は話していました。お母さん、短距離を中心に準オープンで活躍していましたよね。あと、桜花賞馬を母に持つ良血馬【ヴェールランス(牡、父キタサンブラック、母ジュエラー)】はもうすぐ本州に、栗東近くまで移動してくるようですね。

 続いては松下厩舎。以前にも書きましたが、血統馬2頭が阪神開幕週にスタンバイしています。まずは土曜日のダート1200メートルにレッドルゼルの下になる【アカノストロング(牡、父ストロングリターン、母フレンチノワール)】が出走。鞍上は鮫島駿Jです。翌日の芝マイルには母に2歳女王を持つ【ショウナンハクラク(牡、父Frankel、母ショウナンアデラ)】。こちらは岩田康Jが騎乗します。

 ショウナンハクラクは「よさそうですけどね。行きっぷりもありますし、カリカリした感じもありません」と松下調教師が手応えをつかんでいます。アカノストロングは510キロほどある大型馬で、これから攻め馬を積んで、良化を求めていきたいとのことでした。あとは伯母にコントラチェックなどを持つ【アレマーナ(牝、父キングカメハメハ、母フロアクラフト)】も栗東に入ってきましたね。今回はゲート試験だけの予定ですが、「体のバランスがいいですし、おとなしい馬ですね」と話していましたよ。

 続いては矢作厩舎。まずは来月5日、北海道に以前も書いた【カミゴェ(牡、父ビッグアーサー、母セブンスハーモニー)】と【キングエルメス(牡、父ロードカナロア、母ステラリード)】が入ってくるようです。キングエルメスは同じく北海道でデビューしたカイザーノヴァの半弟ですね。そして、栗東といえば、近々入ってくる馬として教えてもらったのが【ダノンマイソウル(牡、父ディープインパクト、母フォエヴァーダーリング)】でした。そうです、あのセレクト1歳セールで4億円がついた、話題のアノ馬です。こちらは入ってきて、近くで姿を見る日を楽しみに待ちたいと思います。

 そうそう、セレクトセールといえば、先日上場馬が発表されていましたけど、ディープインパクト産駒が2頭入っていましたね。札幌2週目の芝1200メートルでデビュー予定の【ロジマギーゴー(牝、父ハーツクライ、母ゴーマギーゴー)】の下になるゴーマギーゴーの20(牡)と、スイープトウショウの20(牡)です。しかも、1歳馬セールのトップバッターと、大トリという順番もワクワクします。近年のセレクトの核となってきたディープ産駒のラストデー、これは盛り上がりそうです。

 ということで、今日はここまで。また、明日です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請