チューリップ賞Vのエリザベスタワーが両前脚の膝を剥離骨折 全治6か月以上で手術へ

スポーツ報知
エリザベスタワー

 3月のチューリップ賞をメイケイエールと同着で制したエリザベスタワー(牝3歳、栗東・高野友和厩舎、父キングマン)が、右前膝の内側部分と、左前膝の外側部分を剥離骨折していることがわかった。26日、所有する社台サラブレッドクラブが発表した。

 同馬は、前走のスイートピーSで6着に敗れた後、放牧に出ていた。移動先の北海道・社台ファームで、リフレッシュを図っていたが、前さばきの硬さが改善されなかったため、25日に検査した結果、骨折が判明。26日夕、札幌競馬場の診療所で獣医師の診断を受けたところ、全治6か月以上と診断された。今後は社台ホースクリニックで手術を行う予定。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請