深田恭子、適応障害で活動休止…7月期フジ系ドラマ降板 昨春から体調崩しがち

深田恭子
深田恭子
深田恭子の現在の仕事
深田恭子の現在の仕事

 女優の深田恭子(38)が、適応障害の療養のため、芸能活動を当面の間休止すると26日、所属事務所のホリプロを通じて発表した。休止に伴い、深田の出演が予定されていた7月期のフジテレビ系連続ドラマを降板することも決定した。深田は今月24日に都内で行われた飲料ブランドの発表会見に出席し、笑顔を振りまいていたが、突然の活動休止となった。

 深田は「キリン午後の紅茶 for HAPPINESS 熊本県産いちごティー」の発表会に出席したばかり。イチゴをイメージした真っ赤なドレスで登場し「イチゴは好きで、冷蔵庫にイチゴを常備してます」などと笑顔で語っていたが、それから2日後の突然の活動休止となった。

 ホリプロによると、深田は昨年春頃から体調を崩しがちとなり、今月に入って医師から「適応障害」と診断を受けていたという。ホリプロは「当面の間治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます」と報告し、「関係者の皆さまには大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫(わ)び申し上げるとともに、私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます」とした。入院はせず自宅で療養するという。

 関係者によると、昨年からのコロナ禍でエンタメ業界が活動自粛などの影響を受け、深田自身も急激な生活の変化にストレスを感じていたという。別の関係者によると、深田は最近まで新しい作品の撮影に参加していたが、今月中旬に体調不良でダウン。大事をとって撮影をストップしたという。この関係者は「かなり仕事を入れており無理がたたったのでは」と話した。

 深田はフジテレビ系の木曜夜10時枠の連ドラに出演予定だったが、ホリプロの関係者はこの日、同局を訪れ、正式に降板の意向を申し入れ謝罪した。同局は「このたび、ドラマのご出演がなくなったことは大変残念ですが、まずは深田恭子さんの一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」とコメント。撮影はスタートしていなかったといい、今後代役を立てるかなど詳細については「調整中」としている。

 同局の主演ドラマを映画化した「ルパンの娘 劇場版」はすでに撮影を終えており、予定通り10月15日の公開を目指す。格安スマホ「UQモバイル」など多数のCMに出演しているが、降板の予定はなく、今後も放送されるという。

 私生活では実業家の杉本宏之氏との交際が伝えられてきたが、関係者は「交際は順調と聞いている」と話している。

 ◆適応障害 特定の状況や出来事がつらく耐えがたくなり、気分や行動に症状として表れる病気。憂うつ、不安、心配などの精神面、暴飲暴食、無断欠勤、器物損壊などの行動面に表れる。ストレスの原因を除去すると改善する状態で、除去しても改善しない「うつ病」とは異なる。ストレスを取り除けないと慢性化し、カウンセリングや薬物療法を要する場合がある。

 ◆深田 恭子(ふかだ・きょうこ)1982年11月2日、東京都生まれ。38歳。96年の第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得。97年4月に日本テレビ系ドラマ「FIVE」でデビュー。98年のフジテレビ系「神様、もう少しだけ」で脚光を浴びる。09年、映画「YATTERMAN~ヤッターマン~」で第52回ブルーリボン賞の助演女優賞を受賞。15年の「100万回生きたねこ」で初舞台。身長163センチ。血液型O。

深田恭子
深田恭子の現在の仕事
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請