深田恭子が活動休止を発表…適応障害で 7月期フジテレビ連ドラは降板

スポーツ報知
深田恭子

 女優・深田恭子が芸能活動を休止することが26日、分かった。所属事務所のホリプロがファクスで発表した。

 所属事務所によると、深田は昨春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入って「適応障害」と診断された。7月期のフジテレビ連続ドラマに出演することが決まっていたが、降板。当面は治療に専念する。

 深田は24日に都内で行われたイベントに真っ赤なドレスを着て出席していた。10月15日には主演映画「ルパンの娘 劇場版」が公開を予定している。

所属事務所のコメントは以下の通り。

 私ども所属の女優 深田恭子ですが、昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より「適応障害」と診断されました。これにより当面の間 治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。これに伴い、予定されていた7月期のフジテレビ連続ドラマを降板することになりました。関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げるとともに、私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます。  株式会社 ホリプロ

◆深田恭子(ふかだ・きょうこ) 1982年11月2日、東京都生まれ。38歳。96年の第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得。97年4月に日本テレビ系ドラマ「FIVE」でデビュー。98年のフジテレビ系「神様、もう少しだけ」で脚光を浴びる。10年、映画「YATTERMAN~ヤッターマン~」で第52回ブルーリボン賞の助演女優賞を受賞。愛称は「深キョン」。身長163センチ。血液型O。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請