【大学野球】国士舘大が拓大と引き分け優勝消滅 4番・池田来翔「僕がつないでいれば…」 東都2部

3安打の活躍を見せた国士舘大・池田来翔
3安打の活躍を見せた国士舘大・池田来翔

◆東都大学野球春季2部リーグ戦最終週第2日 ▽国士舘大3―3拓大(26日・等々力)

 勝てばプレーオフ進出の可能性が残されていた国士舘大は、3点を追う9回に土壇場で同点に追いつくも逆転に至らず優勝の可能性が消滅した。

 プロ注目の右のスラッガー、4番・池田来翔二塁手(4年=習志野)は3安打と奮闘。だが0―3の9回1死一塁で回ってきた打席では右飛に倒れた。4番として重要な場面での1本が出ず「ちょっと浮いた球だった。あそこは手を出してはいけなかった」と悔しさをにじませた。

 その後、相手右翼手が打球を見失うなどのラッキーな安打も含め4連打。土壇場で同点に追いついただけに「僕がつないでいれば、もう1点入ったんじゃないかな」と責任を背負い込んだ。

 これでチームは2部リーグ残留が決定。1部昇格を目指す秋に向け池田は早くも「ホームラン5本」と「打率3割5分」を目標に掲げた。一回りも二回りも大きくなって大学ラストシーズンに臨む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請