柴咲コウ「コミューンを作る」北海道に共同ファーム所有 壮大な夢掲げる

スポーツ報知
クルエラの日本版声優を務める柴咲コウ

 女優の柴咲コウが25日、都内で行われた映画「クルエラ」(27日公開)の公開直前イベントに出席した。

 アニメ「101匹わんちゃん」に登場するディズニー史上最も悪名高きヴィラン(=悪役)、クルエラ(エマ・ストーン)の誕生秘話を描いた作品。

 日本版声優を務める柴咲は、「クルエラが印象に残るシーンで着ていたから」と赤を基調とした衣装で登場。「気付いたら10年ぐらい赤を着ていなかった」と告白。「何でだろうと思ったら『調和する』『協調性』を養いたい時期が10年ぐらいあったのかな。その反動なのか、最近は情熱を感じる色をまといたくなった。今日の(衣装の)感じは今の気分にピッタリ。元気になりますね。色の効果ってあると思う」と話した。

 現在、北海道に別荘があり、東京と2つの拠点で活動。道内では自然との共存生活を送るが、「分析すると、たぶん心の声に正直に生きています。協調性や社会に必要とされることも大切だけど、自分自身が自分の一番の味方であり、応援者であり、支持者でありたい。これからも正直に生きていきたいと思います」と未来を見据えた。

 夢について聞かれると「小さいことを言っても仕方がない。大きいことを言わないと」と考えた末、「コミューンを作る」と回答。「北海道で共同ファームを持っていますが、意識、思いが共通する人たちを集めてユートピアみたいなものを作りたい。馬に乗って、畑を耕してみたいな」と掲げていた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×