【大学野球】神奈川大学リーグは桐蔭横浜大が優勝 プレーオフで関東学院大下す

優勝決定戦で関東学院を下し、喜ぶ桐蔭横浜大ナイン
優勝決定戦で関東学院を下し、喜ぶ桐蔭横浜大ナイン

◆神奈川大学野球春季リーグ戦優勝決定戦 ▽桐蔭横浜大10―6関東学院大(25日・サーティーフォー相模原)

 9勝3敗で首位に並んでいた桐蔭横浜大と関東学院大による優勝決定戦は、桐蔭横浜大が21安打10得点の猛打で関東学院大を下し、2季連続13度目の優勝を決めた。桐蔭横浜大は、6月7日に開幕する第70回全日本大学野球選手権記念大会(神宮、東京D=報知新聞社後援)には、2大会連続7度目の出場となる。

 桐蔭横浜大は3回までに3点を先取。4回に同点とされたが、その裏に3点を勝ち越し。その後も点の取り合いとなったが主導権は手放さず、最後までリードを守り切った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請