【DeNA】今永昇太が復帰登板から一夜明けキャッチボールなどで調整…登録抹消されず次回登板へ

スポーツ報知
今永昇太

 DeNAの今永昇太投手が24日、横浜スタジアムで行われた先発投手練習に参加し、軽めのキャッチボールやランニングなどで汗を流した。

 前夜のヤクルト戦(神宮)では昨年10月の左肩手術後、初登板。昨年8月15日のヤクルト戦(横浜)以来281日ぶりの1軍マウンドだったが、初回に3球で失点するなど5回途中で93球を投げ、7安打6失点で敗戦投手になった。試合後には球団を通して「次回登板では先発として、しっかりとゲームメイクできるようにしたいと思います」などとコメントしていた。

 次回登板について前日(23日)の試合後に三浦監督は「明日(24日)のチェックもある。それを見てからになると思います」と説明。この日の練習中には木塚投手コーチやトレーナーと体の状態などを入念に確認した。木塚コーチは「もちろん登板後ですから、張りがあるのは当然。これからリカバリーをしていく中で、ということですね。(想定内?)そうですね。肩、肘以外の部分も(今季)初登板ですから、張りが出ているのはたしか」と話していた。登録抹消などはされずに、次回登板へ調整することになった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請