【広島】リーグトップ5勝の九里亜蓮がコロナ陽性…濃厚接触者の森下、高橋昂は登録抹消

九里亜蓮
九里亜蓮

 広島は23日、1軍の監督、コーチ、選手、スタッフ82人新型コロナウイルスのPCR検査を実施し、新たに九里亜蓮投手(29)が陽性判定を受けたことを発表した。チーム内の陽性者はこれで12人となり、投手では初めて。他の81人は全員が陰性と判定された。ここまでセ・リーグトップタイの5勝を挙げている九里は無症状で体調に異常はなく、管轄の保健所の指示によって自宅療養している。

 また、22日に管轄の保健所から濃厚接触者として判定された森下暢仁投手(23)と高橋昂也投手(22)はこの日、出場選手登録を抹消。2週間の自宅待機が必要で、チームを離れることになった。球団は21日からの阪神3連戦(マツダ)を延期。交流戦の開幕となる25日の西武戦(マツダ)については、24日に行われる12球団臨時代表者会議で開催可否を決める予定だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請