【ロッテ】稲村亜美が始球式で95キロ「ワンバウンドになって悔しい」

スポーツ報知
稲村亜美

◆パ・リーグ ロッテ―楽天(23日・ZOZOマリン)

 “神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美(25)が始球式を務め95キロを計測した。

 この日は大正製薬株式会社の冠協賛イベント「ファイトイッパーツ!リポビタンD」を開催。水色のユニホームに白のショートパンツ姿で登場した稲村はマウンドに向かって丁寧にお辞儀をすると、大きく振りかぶって豪快に投球。投じたボールは捕手・安田の前でワンバンしたが球速は95キロを計測し球場からはどよめきが起こった。

 始球式を終えた稲村は「初めてリリーフカーで登場させていただき、涙が出そうなくらいうれしかったです。そのうれしさとZOZOマリンの土が変わっていたことにびっくりしたこともあって、これまでと違った緊張感がありました。肩の調子は良かったのでワンバウンドの投球となって悔しいです。今後もより成長できるように頑張っていきたいです」とコメントした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×