札幌山の手高女子バスケット部を53年間指導 全国制覇5度 石田修務前監督が残した礎

2010年沖縄高校総体で全国初制覇 握手を交わす石田監督(左)と上島コーチ
2010年沖縄高校総体で全国初制覇 握手を交わす石田監督(左)と上島コーチ

 札幌山の手高女子バスケットボール部を1968年以来、53年間にわたり指導してきた石田修務・前監督(79)が今年3月で勇退した。上島正光ヘッドコーチ(77)との名コンビで2010年の沖縄高校総体で全国初制覇、その年の国体、ウインターカップも制し全国3冠を達成、翌年も国体、ウインターカップ2冠と、5度の全国優勝に導いた。

 石田さんとは取材を通して30年余りの付き合いになるが、物理教諭で、自身は空手出身で黒帯という、異色の経歴を持つ指導者だ。プラべートではお酒好きで、私も時折杯を交わす機会があり、チーム作りの喜びや苦労話も多く聞いた。

 1967年に同校(当時は女子校の札幌香蘭)に赴任した石田さんは、指導者がいなかったバスケット部監督を任されたが、経験不足もあり勝てない日々が続いた。たまたま同校体育館でOGクラブチームを指導していた上島・現HCが札幌中島中の2期後輩と分かり意気投合、1970年にコーチ招へい。「3年で全国出場」を合い言葉に1日4部練習なども行い、72年に初めて全国大会出場。上島コーチが技術中心、石田監督が授業、進路など教育や環境整備を担当し、全国の強豪へ躍進。取材機会も増えていった。

 つらい出来事もあった。2001年1月、札幌市内で1年生部員が下宿火事で焼死し、大きな悲しみに包まれた。しかし、遺族からは「娘は短い期間でしたが、憧れの札幌山の手でバスケットを出来たことを喜んでいます。皆さんはめげずに一生懸命練習に励み全国優勝を目指して下さい」という言葉が寄せられ、心が痛んだという。それだけに、2010年夏の沖縄総体で全国初制覇を取材した際には、石田さんらスタッフから、亡き部員への特別な思いがヒシヒシと伝わってきた。

 現在、東京五輪代表候補に、札幌山の手出身の町田瑠唯(富士通)、長岡萌映子(トヨタ自動車)、東藤なな子(トヨタ紡織)3人が選ばれるなど、多くのOGがWリーグ、大学などで活躍している。

 石田さんの好きな言葉は、戦国武将の武田信玄が残した『人は城 人は石垣 人は堀』。信頼できる人の集まりは、強固な城に匹敵するという意味。札幌の地区1、2回戦敗退チームから、全国頂点に上り詰め、好選手を輩出するチーム作りの根幹を表している言葉に聞こえた。(北海道支局・小林 聖孝)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請