堀内恒夫氏、好投の巨人・サンチェスにあえて注文…君は第2のエースだ、救援陣負担軽減へ完投に近い投球を

力投するサンチェス
力投するサンチェス
サンチェス(巨人)の今季投手成績
サンチェス(巨人)の今季投手成績

◆JERAセ・リーグ 中日4―5巨人(22日・バンテリンドーム)

 巨人が中日を相手に5―4で勝利した。先発のサンチェスは7回2失点の粘りのマウンド。後続が打たれ1点差に迫られると、9回にはデラロサが1死三塁の危機を招いた。だが高梨雄平と鍵谷陽平による継投が決まり、逃げ切った。連日、リリーフ陣をつぎ込んだことに関連し、元巨人監督でスポーツ報知評論家の堀内恒夫氏は先発投手の奮起を促した。

 * * *

 本来は5―0で終わるゲームが「あわや…」になる。「投手は人数を使えば使うほど危険度が増す」というのは私の持論だが、それを証明する試合とも言えた。

 制球が不安定だったデラロサはゲーム勘が戻っておらず、調整不足。中川も試合前のアクシデントが気になったのか、本調子ではなかった。それでも巨人が逃げ切れたのは、中日の戦力不足と、ゲームに“くさび”を打てる高梨の存在があったからだ。

 リリーフ陣は、試合中に2度も3度もブルペンで準備をすることがある。マウンドでの連投以上に、その疲労の積み重なりが大きな負担になる。連日の“一人一殺”のリレーを続けていると、リリーフ陣が崩壊してしまう。

 だからこそ、先発陣にはリリーフ陣の負担を軽くする投球が要求される。サンチェスは7回を2失点。数字だけを見ればまずまずだが、注文する点が多い。走者がいない時にはポンポンとテンポ良く投げるのに、走者を出すと、とたんにリズムが悪くなる。炭谷のサインにも首を振り過ぎる。そして、首を振った後に投げるのは、落ちる球が多い。私が思う巨人の“第2エース”は戸郷ではない。サンチェスだ。この日のような展開の試合では、だから完投に近い投球をしてもらいたいかった。(スポーツ報知評論家・堀内恒夫)

試合詳細
力投するサンチェス
サンチェス(巨人)の今季投手成績
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請