【DeNA】自力V再び消滅 浜口遥大7回1失点好投も、小川に打線沈黙無得点で借金ワースト16

スポーツ報知
力投するDeNA先発投手の浜口遥大

◆「JERAセ・リーグ」ヤクルト1―0DeNA(22日・神宮)

 DeNAはヤクルト先発・小川を攻略できずに敗れて、12勝28敗6分けで、借金は今季ワーストに並ぶ16になった。14日の広島戦(マツダ)で敗れて42試合目にして自力優勝は消滅し、翌日に復活していたが、再び消滅した。

 先発の浜口遥大は見事な快投を見せた。課題の初回を3者凡退で抑えると、2回も1死一、二塁でサンタナを遊併打。3回先頭の西浦に内角低め直球を左翼席に運ばれて先取点を献上したが、4回以降は再びスコアボードに「0」を並べ続けて味方打線の援護を待った。

 だが、打線はヤクルト先発・小川の前に沈黙した。2日に横浜スタジアムで対戦した際には、7安打を放って4得点を奪い、3回途中でKOしていたが、前回登板で99球完封勝利を挙げた右腕に手こずった。2回は先頭のオースティンが四球を選ぶも続くソトが二併打。3回は2死二塁で桑原が中飛に倒れ、4回2死一塁ではソトが三ゴロに倒れた。5回以降は走者を出すことすら出来なかった。9回はマクガフから無死三塁とチャンスをつくったが、同点のホームは遠かった。

 浜口は7回94球、3安打1失点で降板。快投を続けていたが、8回に伊藤光が右間安打を放って4イニングぶりに出塁して、2死一塁で浜口に代打・山下が送られたが、遊ゴロに倒れた。小川の前には8回3安打無得点だった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請