【大学野球】「奈良大付リレー」が佛教大を栄冠へ 木村光&木下隆也で1点に抑える

先発で7回1失点の佛教大・木村光
先発で7回1失点の佛教大・木村光

◆京滋大学野球第4節第2日▽佛教大2―1滋賀大(22日・佛教大園部グラウンド)

 接戦を制し、佛教大が5季連続57度目の優勝(昨年春のリーグ戦は中止)を勝ち取った。2回に木岡大地(4年=上宮太子)の右越え本塁打で先制した佛教大は、4回に同点とされたが、5回1死三塁から山守晴喜(3年=東邦)が決勝の中犠飛。先発右腕の木村光(3年=奈良大付)から左腕の木下隆也(4年=奈良大付)のリレーで相手の反撃をしのいだ。9勝2敗の勝ち点4となった佛教大は、残る試合に敗れても、勝ち点、勝率で上回るチームがなく、全日本大学選手権(6月7日から13日・神宮ほか=報知新聞社後援、昨年は中止)に、2大会連続21度目の出場を決めた。

 「奈良大付リレー」が佛教大を栄冠へと導いた。先発の木村光は7回を投げ7安打1失点。「ピンチは多かったですが、与える点数を少なく、という投球ができました」と満足の表情を見せた。リリーフした木下は2回を1安打しっかり締めた。「やっと決められました。ホッとしました」と先輩の木下は笑顔だ。

 高校時代に奈良大付を甲子園に導いた先発の木村光は、昨年12月に腰を疲労骨折した。今年2月末まで本格的な投球ができなかった。それでもその期間に、トレーニングと並行して股関節の使い方を変えた。「質のいい真っすぐが投げられるようになりました」。スピードも3キロアップしてMAX148キロを記録した。シーズン当初は抑えだったが、5月6日のびわこ成蹊スポーツ大戦で初先発。3安打完封と見事な復活を見せた。今季は36回2/3を投げて2失点(自責点2)。すっかり“柱”になった。

 「ようやく納得のいく形で投げられるようになった」。2年の秋に左肘を痛めた木下。昨秋に復帰したものの、思うようなストレートが投げられなかった。過去の自分の動画を何度も見て修正を重ねてきた。

 2年前の大学選手権は2人ともマウンドを経験した。「ピッチャーが0点で抑えたら負けないので」と木下。左右の柱が全国の舞台に挑む。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請