札幌MF荒野拓馬「大けがを経て札幌ドームでまた清水さんと戦えるのが楽しみ」

スポーツ報知
体を伸ばしてボールを止める札幌MF荒野

 J1北海道コンサドーレ札幌は21日、札幌ドームサブグラウンドで練習した。22日清水戦でベンチ入り濃厚なMF荒野拓馬(28)は、半年前の同戦で左ひ骨骨折と左足首じん帯損傷。けがを乗り越えた感謝をプレーに込め、勝利を呼ぶ。

 ちょうど半年後の同カードは運命なのかもしれない。自他とも認める“札幌のエンジン”としてキャリア最高と言える働きを続けた昨季。だが11月21日、清水戦の前半13分にチャージを受け担架でピッチを後にした。「大けがを経て札幌ドームでまた清水さんと戦えるのが楽しみ」。今できる最高のプレーへ前日練習も惜しみなく駆け回った。

 診断結果は全治4~6か月。全体練習合流は3月23日、試合復帰は4月16日(横浜M戦)まで待った。大好きなサッカーを思い通りできない期間はつらかったが、人の温かさに今まで以上に敏感にもなれた。負傷時に足がショッキングに曲がったシーンを中継画面から隠してくれたのは清水の選手。復帰初戦ではSNSなどで清水サポーターから祝福も届いた。「サッカーファミリーとして喜んでくれて。僕はケガで人間的に大きくなれた」とうなずく。

 プロとして最高の恩返しの場はピッチ。それは自身も分かっている。5日ルヴァン・鳥栖戦で復帰後初フル出場、リーグも近5戦途中出場と一歩ずつ完全復活は近づく。「サッカーを楽しんで。清水さんが嫌がるプレーをしたい」。いたずらっぽさも戻ってきた荒野が、上位浮上のキーマンに名乗り出る。(川上 大志)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請