城島茂、50歳で連ドラ初主演は「オカン」役「僕も親として成長できたら」…日テレ「サムライカアサン」

50歳で初となる連続ドラマ主演でお母さん役を演じる城島茂
50歳で初となる連続ドラマ主演でお母さん役を演じる城島茂

 TOKIOの城島茂(50)が、日本テレビ「シンドラ」枠の連続ドラマ「サムライカアサン」(10月スタート、月曜深夜)に主演することが21日、発表された。板羽皆氏の同名コミックが原作で、演じるのは「大阪のオカン」。「全く抵抗ない」という女装役で、50歳にして初の連ドラ主演に挑む。

 連ドラ主演に「ちょっとドキドキしております」としながらも、2018年に松岡昌宏(44)が同じく女装で挑んだ主演ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)で新人女性歌手・島茂子として主題歌を手掛けた経験もある。今回の“オカン姿”に「こうして(主人公の)伊佐木よい子の姿になったら、ますますその気になりました」と心躍らせた。

 実生活では1歳の長男を育てる父親だが、ドラマでは“激うざオカン”として、うっとうしいほどの愛情で反抗期の高校生の息子と向き合う。弁当を巡る親子げんかや恋人発覚によるひと悶着など、実家から巣立つまでの出来事が描かれる。「親は子と共に成長すると聞きますが、僕もこのドラマを通して親として成長できたらと思います」と自身が親として直面するかもしれない将来にも思いをはせた。

 夫役や息子役は今後の発表。「出てくる登場人物みんなが主役で、それぞれの人生を一生懸命生きていて、それを見ながら私も頑張らな! それでええやん!って励まされる物語。楽しみにしていてください」と心待ちにした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請