鈴木涼太、追い風に乗って10秒01でV2「あわよくば9秒台を出したかった」

関東インカレ1部100メートルを制した城西大・鈴木涼太(左から2人目)
関東インカレ1部100メートルを制した城西大・鈴木涼太(左から2人目)

◇陸上 関東学生対校選手権 第2日(21日、神奈川・相模原ギオンスタジアム)

 男子100メートル決勝で、鈴木涼太(城西大)が10秒01(追い風5・5メートル)で2連覇を飾った。ラスト10メートルで、1年生の鵜沢飛羽(筑波大)を逆転。「中盤で出られたけど、4年生の意地として勝ててよかった。(宮本大輔、デーデー・ブルーノら)ライバルがいる中で勝てたこともうれしい」と声を弾ませた。

 100メートルは、有利な追い風の公認上限が2・0メートル。今回は5・5メートルが吹いていたため、記録は公認されない。暴風雨の中での決勝を勝ちきり「あわよくば9秒台も出したかったけど、10秒01もいいタイム。風より、雨が目を開けられないくらい降っていてきつかった」と苦笑いしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請