『サクラ大戦』シリーズ初のオーケストラコンサート7月28日開催

スポーツ報知
コンサートのポスター(C)SEGA

 発売から25周年を迎えたドラマチックアドベンチャーゲーム『サクラ大戦』シリーズ初となるオーケストラコンサートが、7月28日に都内で開催されることが21日、わかった。作曲を担当したアニソン・ゲーム音楽界の巨匠、田中公平氏が自ら選曲。「サクラの楽曲をこんなにじっくり聴ける機会は希少だと思いますので、ぜひ!ご来場賜りますように」とファンに呼びかけた。

 「檄!帝国華撃団」「御旗のもとに」「地上の戦士」―。1996年にセガサターンで発売された第1作から25年。名曲たちに彩られたゲームの歴史を振り返るオーケストラコンサートがついに開催される。『サクラ大戦』シリーズで500曲を超える楽曲を作曲し、同コンサートでもMCを務める田中氏は、「長きに渡りサクラを愛して頂いているファンの皆様に向けて、今までの楽曲の中からオーケストラに適している曲を私がチョイスさせて頂きました。また、今回に向けて、新アレンジも施しております」と意気込みを語った。

 また、「古参の方も新規の方にも、どちらにも満足してもらうのはかなり難しい選曲だったのですが、サクラの20年以上の財産は非常に豊富なので、その作業自体、私にとって楽しい事でした」とも話し、「サクラには歌曲と劇伴曲の2つの魅力があると思うのですが、このコンサートでは前半に印象的な劇伴曲、後半に歌曲を配置して、どちらの部も楽しんでいただけるように配置しました」と選曲の構成を明かした。

 さらに、コンサートにはエリカ・フォンティーヌ役の声優・日高のり子や舞台「新サクラ大戦」で帝国歌劇団・花組を演じているメンバー全員が来場し、記念すべき舞台に華を添えることも明かされた。

 座席はS席からB席まで用意され、特典付きのS席では田中公平氏直筆の“ゲキテイ”譜面レプリカ、公演オリジナルトートバッグ、クリアファイルが贈られる。チケットの先行販売は5月21日午前11時から受付開始。

 ■「サクラ大戦25周年オーケストラコンサート・田中公平作家生活40+1周年記念」

 ■出演:田中公平(MC・ピアノ・ボーカル)、宮松重紀(指揮)、東京フィルハーモニー交響楽団(オーケストラ)、日高のり子(MC・ボーカル)、舞台「新サクラ大戦 the Stage」キャスト:関根優那(天宮さくら役)、高橋りな(東雲初穂役)、寒竹優衣(望月あざみ役)、平湯樹里(アナスタシア・パルマ役)、沖なつ芽(クラリス役)ピアニート公爵(森下唯・ピアノ)、エリック・ミヤシロ(トランペット)、岩瀬立飛(ドラム)

 ■会場:Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷)

 ■公演日時:7月28日(水) 18:30開演(18:00開場)

 ■S席特典付1万3800円、S席8800円、A席7800円、B席6800円

 ◆田中 公平(たなか・こうへい)1954年2月14日生まれ。67歳。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。ビクター音楽産業に3年勤務した後、米国ボストンのバークリー音楽学院に留学。帰国後、本格的に作・編曲活動を始める。TVアニメ「ワンピース」“ウィーアー!”や「ジョジョの奇妙な冒険」「かいけつゾロリ」「勇者王ガオガイガー」「天外魔境」「トップをねらえ」「笑ゥせぇるすまん」「エスパー魔美」「アニメ三銃士」「バック・アロウ」など作曲した楽曲は1万曲を越える。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請