アミメニシキヘビ捜索15日目 アパート全域の天井や壁の捜索へ「目視確認できるすべての範囲を捜索する」

スポーツ報知
横浜市戸塚区アパートから逃げ出したアミメニシキヘビ

 横浜市戸塚区のアパートから逃げ出したアミメニシキヘビ(体長約3・5メートル、体重約13キロ)の捜索で、近日中に同アパート全域の天井や壁を調べることが20日、分かった。

 捜索から15日目、アミメニシキヘビがアパート内にとどまっている可能性がでてきた。関係者によると、数日前に同アパートの住民から「天井から生き物が這(は)うような音がした」との証言が入った。捜索に加わっている日本爬虫(はちゅう)類両生類協会理事長の白輪剛史氏は「アミメニシキヘビは、接地面を擦ると蛇行しながら『ザザザ』という音をさせる。わずかな隙間から入り込めるので、壁や天井に潜む可能性は十分にある」と指摘した。

 17日に飼い主宅の天井裏などを捜索したが、発見できなかった。白輪氏や管理会社、大家らがこの日協議し、アパート全部屋の壁や天井を捜索することを決めた。「まずは住民の方の協力を得て、点検口など非破壊でできる捜索をする。今週末か来週初めには早速に取り掛かりたい」と述べた。

 この日は降雨の中、警察署員、消防署員、市の職員、ボランティアの方など約30人で捜索が行われた。午前11時には、わずかな隙間があったアパート階段の天井を調査。目視できない部分はマイクロスコープを使い確認したが、発見には至らなかった。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請