【大学野球】関学大・黒原拓未、今季2度目完封で単独首位浮上…関西学生

関学大・黒原拓未投手(4年)は3安打無失点で今季2度目の完投勝利
関学大・黒原拓未投手(4年)は3安打無失点で今季2度目の完投勝利

◆関西学生野球春季リーグ ▽3回戦 関学大1―0近大(20日・大阪市南港中央)

 今秋ドラフト候補の最速151キロ左腕、関学大・黒原拓未投手(4年)が3安打で今季2度目の完封勝利。チームは首位攻防戦を制し、リーグ単独首位に浮上した。

 エースを中心に歓喜の輪ができた。8回、本荘雅章監督が「切り札」と称する代打・高田快飛(かいと)外野手(4年)の適時三塁打で1点をもぎ取り迎えた9回。「みんなが1つになって1点取ってくれたので気を抜かずにきっちり締めよう」とマウンドに上がった黒原は最後の打者を三邪飛に打ち取るとすぐさまベンチへ駆け出した。

 雨天の中で行われた大一番に「足が滑らないようできるだけ力みを少なく、指先を意識しました」と鋭く曲がるスライダーを中心に近大打線を零封。視察に訪れた6球団のスカウトを前にリーグトップの4勝目を挙げた。巨人・渡辺スカウトは「打者が左右関係なくインコースを攻められる」とコントロールの安定感を評価した。

 昨秋の近大戦では現阪神・佐藤輝明内野手に苦杯をなめた。1戦目ではバックスクリーンへの同点ソロ、2戦目でも逆転3点二塁打を浴び、チームは連敗を喫した。しかし今季は15日の1回戦に続く連勝で雪辱を果たした。

 優勝も見えてきたが「まだ決まったわけではないので気は抜けない」と気を引き締める。「次の一戦、何が何でもという気持ちで挑みたい」と15季ぶりの優勝へエースは勝ち続ける。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請