森保監督「絶対的な戦力」 東京五輪本大会でOA枠に吉田&酒井&遠藤航を招集する意向

スポーツ報知
サッカー日本代表・森保監督 (カメラ・山崎 賢人)

 日本サッカー協会は20日、6月5日の国際親善試合・U―24ガーナ戦(福岡)、同12日のジャマイカ戦(豊田)に臨む東京五輪世代のU―24日本代表メンバー27人を発表した。

 五輪で3人まで認められる25歳以上のオーバーエージ(OA)として、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、MF遠藤航(シュツットガルト)が招集された。オンラインで会見した森保一監督は「基本的には3人のオーーバーエージの選手たちに本大会でも戦ってもらいたいと思う。何が起こるか分からないので、その時は臨機応変に対応していくことになるが、現段階では3人でいきたい」と明言した。

 OAについては「全てのポジションでリストアップした」と経緯を明かし、「3人に言えるのは、絶対的な戦力であるということ。経験の浅い選手にも影響を与えられる選手。プレー以外でも行動を背中で示してくれるとともに、若い経験の浅い選手たちとコミュニケーションとりながら、成長を促してくれる3人だと思っています」と強調した。

 OAにはFW大迫勇也(ブレーメン)ら前線の選手も可能性が取り沙汰されていたが、最終的にはA代表の守備を支える3人が選ばれた。森保監督は「試合を安定して戦うということ。守備的なポジションの選手ですが、GKやDFラインから攻撃を仕掛ける時に攻撃を担ってもらうこともできる。攻守両面を担ってもらうことを考えた」と説明した。

 森保監督が率いるA代表と活動時期が重なるため、U―24日本代表は横内昭展監督が指揮を執る。

 オンラインで会見した横内監督は「五輪まで日がない中での試合。無駄にしないように、必ず本戦につながっていくような準備をしたい」。7月22日の五輪初戦・南アフリカ戦を見据えた親善試合・ガーナ戦に向け、「アフリカの選手は想定外のプレーがよくある。身体能力が高く、想定外のプレーをしてくる相手と本番前にやれるのはプラス。いいシュミレーションになる」と口にした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×