【大学野球】 首位・専大が長打で圧倒 5番・今里が初回に逆転満塁弾

満塁弾で勝利に貢献した専大・今里(大田スタジアムで)
満塁弾で勝利に貢献した専大・今里(大田スタジアムで)

◆東都大学野球春季2部リーグ戦第4週第3日▽専大9―4大正大(20日・大田スタジアム)

 1回表に失策絡みで2点を先取された専大は、その裏の攻撃で1死満塁のチャンスを作ると、5番・今里凌一塁手(3年=専大松戸)が左越えの満塁アーチを放ち、あっさり逆転に成功した。

 5―3で迎えた5回には、3番・村上隼介三塁手(4年=西脇工)の3ランで加点。クリーンアップの破壊力を示した。

 殊勲の今里は「打ったのはチェンジアップ。前の試合で体が開き気味だったので、センター方向を意識して待っていました。それによって、遅い球に対応できたのだと思います」と笑顔でコメント。2部優勝がかかる次週の2位・日大との戦いに向けて「1年春から試合に出させていただいており、神宮でやりたい気持ちは強いです」と力を込めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請