【週間投げ釣り情報】和歌山・古座川河口でキビレ36&40センチ

キビレを釣り上げて笑顔の梅野さん
キビレを釣り上げて笑顔の梅野さん

 大阪・淀川河口で大阪投友会の廣瀬益美会長がキビレ33~42センチ7尾。食いが浅く、魚を掛けてもバラシが多かった。餌はマムシ。

 和歌山・古座川河口で貝塚サーフの空山さんがキビレ33~40センチ5尾、同クラブの釣りガール・梅野友美さんがキビレ36と40センチ。餌はボケ。

 兵庫・南あわじ市福良港で三ツ星サーフの薬師寺定生会長が1時間半ほどの釣りで初ギス2尾とマコガレイ37センチ。餌はマムシ。

 四国一円で全日本サーフ・香川協会(青木定信会長)が春季大会を開催し、29人が参加して2尾の合計ポイントで競った。主な釣果を挙げる。香川・多度津町で香川鱗友サーフの角野さんがスズキ80.5センチとチヌ43センチ、高松サーフの斎藤さんがチヌ45と40.1センチ。三豊市で高松サーフの石原誠会長がチヌ44.6と39センチ。坂出市で香川鱗友サーフの唐渡さんがベラ24.9センチと24センチ。高松市で高松サーフの尾崎さんがキス25センチとベラ22.8センチ、同クラブの小松さんがキビレ37.9センチとチヌ37.4センチ。徳島・鳴門市で香川鱗友サーフの大住さんがマゴチ53.5センチとチヌ46.1センチ。愛媛・四国中央市で観音寺サーフ四季の会の山下昌稔会長がキビレ43.5センチとイシガレイ38・5センチ、同クラブの塚田さんがキジハタ38.3と37.5センチ、善通寺サーフの大河内浩之会長がチヌ43.4センチとキビレ40.6センチを釣った。

(報知APG・野村 道雄)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請