【広島】中村奨成がプロ初打点 初スタメンマスクで勝ち越し2点打

スポーツ報知
6回無死満塁、中村奨成が左前2点適時打(捕手・炭谷銀仁朗

 ◆JERAセ・リーグ 巨人―広島(19日、東京ドーム)

  

 広島・中村奨成捕手がプロで初めて捕手でスタメン出場して、1―1の6回に勝ち越しの2点打を放った。「何とか1点でも取れるように、内野ゴロでもいいという気持ちでいきました」。無死満塁で高いバウンドのゴロが三塁手の頭上を越えた。味方ベンチに向かって、両手でガッツポーズ。後続もつながり、クロンの4号満塁弾などでこの回一挙9点を奪った。

 中村奨が1軍でマスクを被るのは4年目で初めて。今季は打力を生かすために外野にも挑戦。4月16日の中日戦(バンテリンD)のプロ初スタメンも左翼だったが、ついに本職でチャンスを得た。チーム内の新型コロナウイルスの影響で、18日に「感染拡大防止特例2021」による代替指名選手として昇格。広陵高時代、2017年の夏の甲子園を沸かせた強肩強打の捕手が存在を猛アピールした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請