【広島】塹江敦哉と坂倉将吾がベンチ入りメンバー外 コロナの影響で球団判断

スポーツ報知

 ◆JERAセ・リーグ 巨人―広島(19日、東京ドーム)

 広島・塹江敦哉投手と坂倉将吾捕手がベンチ入りメンバーから外れた。チーム内では、17日に菊池涼、小園、正随が新型コロナウイルス陽性判定。濃厚接触者の特定はなかったが、球団が独自の判断で自宅待機とした5選手は「感染拡大防止特例2021」により、18日に出場選手登録を抹消された。その後もチーム内の行動履歴の確認を重ねたところ、塹江と坂倉も独自の隔離対象に追加した。鈴木球団本部長は「少しでも(感染リスクの)可能性があるなら、念のため」と説明。ともに登録抹消はされていない。20日にチーム全員にPCR検査を実施する予定で、結果を受けて今後の判断を下す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×