【紺野あさ美そぞろ歩き】子供たち大喜びのこいのぼりオムライス

紺野さんがこどもの日に作ったオムライス
紺野さんがこどもの日に作ったオムライス

 元モーニング娘。の紺野あさ美さんが、スポーツ報知のコラムニストとして月1回、登場。札幌出身の紺野さんが、足を運んでみた道内のおいしいお店や雑貨、そして育児などを自由につづっています。

***

 コロナ禍で迎える2度目のこどもの日。おうちご飯で子供たちに喜んでもらおうと、今年はこいのぼりオムライスにしました。複雑そうに見えるうろこ模様も、ケチャップとマヨネーズで交互に縦線を引き、最後に爪楊枝(つまようじ)でしっぽの方からピューっと横線を引くように動かすだけ。結構簡単にできるんです。いろいろ調べて料理研究家さんの記事を参考にして作りました。

 「うわぁ[ハート] これ、こいのぼりじゃない!?」と喜んでくれる子供たち。この笑顔が見られると親もうれしい。兜(かぶと)の形の春巻きには、チーズ、小さく刻んだ鶏胸肉、水菜、きのこを入れました。大人用にはこれにプラス大葉を。「これ、あれと一緒の形じゃない?」と長男の兜飾りと兜タペストリーを指さす長女。子供たちも、水菜やきのこもこういう形にすると食べてくれるので、「この春巻きは水菜が入ってるんだよ! 水菜もおいしいね!」と「僕、私は水菜が食べられるんだ」と言うのを意識的にすりこむようにしています(笑い)。

 最近、子供たちが元気に過ごしてくれるのが一番だなと改めて実感します。ただ子供の頃はやっぱり好き嫌いもあって、頑張って工夫を凝らしても一口も食べてくれずに残されることもあります。気にしすぎて、親が精神的に参ってギスギスしてしまうのもまた、子供にとって良くないこと。子供のために精いっぱい頑張ることも、「これくらいは大丈夫。」とお母さんが自分の心と体を休ませてあげることも、大切なんだなと思います。何事もバランスですね。(紺野あさ美)

 ◆紺野 あさ美 元モーニング娘。の5期生。グループ卒業後、慶大に進学。同大学を卒業するとテレビ東京にアナウンサーとして入社。スポーツ中継やニュース番組を担当。冠番組「紺野、今から踊るってよ」は関東ローカルの深夜帯にもかかわらず人気を博した。2017年プロ野球・北海道日本ハム(当時ヤクルト)の杉浦稔大投手と結婚。札幌市出身。2児の母。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請