田村正和さん、1970年に和枝夫人と結婚…式は質素で旅行もなし

スポーツ報知
松本清張のスペシャルドラマの会見に出席(2016年3月)

 刑事ドラマ「古畑任三郎」などで人気を博した俳優の田村正和(たむら・まさかず=本名同じ)さんが4月3日午後4時20分、心不全のため東京港区の病院で死去したことが18日、分かった。77歳。葬儀・告別式は親族で行った。喪主は妻・和枝(かずえ)さん。昭和の時代劇スター阪東妻三郎さんの三男として生まれ、映画デビュー。1980年代以降は「うちの子にかぎって…」「ニューヨーク恋物語」などのドラマに出演。94年から放送されたフジテレビ系連ドラ「古畑任三郎」シリーズではコミカルな演技が好評で当たり役となった。

 田村さんは妻・和枝さんと1970年に結婚。結婚式を伝える報知新聞では教会での2ショット写真を掲載している。知人の紹介で知り合い、交際2年でゴールインしたが、結婚式は田村さんの意向で両家の親族のほか、父親代わりの木下恵介監督が立会人で出席する質素なもの。新婚旅行にも行かなかった。2人の間に長女がいることは分かっているが、その後プライベートについてはほとんど語っておらず、ベールに包まれている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請