【大学野球】天理大のプロ注目左腕・井奥勘太、7回無失点Vに望み…阪神大学野球

スポーツ報知
天理大の井奥勘太は7回を無失点に抑えた

◆阪神大学野球春季リーグ戦▽第6節2回戦 天理大6―0大体大(18日・G7 STADIUM KOBE)

 天理大が大体大に快勝し、ポイントを21に伸ばして優勝争いに踏みとどまった。プロ注目の最速145キロ左腕・井奥勘太(4年)が7回3安打無失点と好投した。

 井奥は今季、5登板で計28回を投げて通算1失点で自責は0。13安打しか許していない。「先頭打者を出さないことを意識した。テンポ良く投げられた」と、充実感を漂わせた。

 天理大は部内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、16日の大体大戦の出場を辞退。17日の同カードも辞退予定だったが、雨天順延となったことで、この日は出場が可能となった。さらに、前の試合で甲南大が関西国際大に敗れたため、優勝の可能性が残った。

 優勝はポイント24で首位の甲南大、同22の大体大、同21の天理大に絞られた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請