【DeNA】左ふくらはぎ肉離れで出遅れの伊藤光が1軍合流 三浦大輔監督「プラスのものをもたらしてくれる」

DeNA・伊藤光
DeNA・伊藤光

◆「JERAセ・リーグ」DeNA―中日(18日・横浜スタジアム)

 DeNAの伊藤光捕手が18日、中日戦(横浜)前の試合前練習に合流した。前日の17日に戸柱恭孝捕手が登録抹消されており、今季初めて出場選手登録される見込みだ。

 伊藤光はキャンプを1軍でスタートさせたが、オープン戦は6試合中3試合に出場して4打数無安打に終わり、3月16日から2軍に合流。三浦大輔監督は「総合的に判断した。いずれは必要な選手。状態を上げてもらうように伝えました」と説明していた。

 だが、3月18日の教育リーグ・ヤクルト戦(戸田)で、一塁に走った際に左ふくらはぎを肉離れ。開幕1軍を逃してリハビリに専念していた。5月8日のイースタン・ヤクルト戦(戸田)で実戦復帰。15日のヤクルト戦(横須賀)では5打数3安打2打点をマークするなど、4試合に出場して9打数3安打2打点、打率3割3分3厘と順調に復帰への階段を上っていた。

 これまでは主に戸柱、嶺井を併用してきたDeNAの捕手陣だが、チーム防御率は12球団ワーストの4・63。打っても戸柱が打率1割5分5厘、嶺井が1割9分4厘に終わっていた。直近では8戦連続で嶺井を先発で起用も、6戦勝ちなし4連敗中。三浦監督は伊藤光に「選手が持っているものをしっかり発揮してもらえたらと思います。経験豊富な選手ですし、チームにプラスのものをもたらしてくれると思います。ピッチャーが持っているものを引き出してくれるキャッチャーだと思います」と話した。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請