【大学野球】関西国際大のドラフト1位候補・翁田大勢は今後は登板なしの見込み

関西国際大の不後祐将は8回1/3を無失点に抑えた
関西国際大の不後祐将は8回1/3を無失点に抑えた

◆阪神大学野球春季リーグ戦 ▽第6節2回戦 関西国際大2―0甲南大(18日・G7 STADIUM KOBE)

 関西国際大が3投手の継投で完封勝ちし、ポイントを9に伸ばした。最速143キロ左腕の不後祐将(2年)が8回1/3を投げ、5安打無失点と好投した。9回1死二、三塁で降板し「(最後まで)投げないといけない」と反省しながらも「テンポ良くいけた」と今季3勝目を振り返った。

 ドラフト1位候補の翁田(おうた)大勢投手(4年)はこの日もベンチ外。鈴木英之監督は「今季は投げさせることはない。肘の状態もあまり良くない」と、今春は1登板に終わる見通しを明かした。最速152キロ右腕は、プロ入りに向けて今秋に最後のアピールをする。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請